七輪!マルチョウを食べるときの最適な方法!

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

七輪を使ったレシピ

牛丸ちょう豪州産(解凍)を手に入れました。

牛丸ちょう豪州産(解凍)

マルチョウと聞いてどこの部位だとか、わかりますか?

マルチョウを炭火焼で焼いて、美味しく食べました。

この記事を最後まで読んで参考にしてみてください。

マルチョウはどこの部位?

マルチョウとは丸腸のことで、牛の小腸のことです。

全体的に薄く、脂がたっぷりのっているのが特徴です。

ホルモン焼き屋さんでも甘みのある脂が人気です。たっぷり脂がのっているため、かなり高カロリーです。

カロリーが気になる人は食べないほうがいいかもしれません。ホルモン焼きの中でもひときわカロリーが高いです。

マルチョウは別名でコプチャンとも呼びますね。

調理方法は屋外七輪がベスト

調理方法は屋外での七輪炭火焼がベストです。

マルチョウは脂が多いため、滴った脂がたくさん煙を出しますし、脂も宙に舞いますので絶対に屋外で調理したほうがよいです。

鉄板やホットプレートのような器具で焼くと脂が溜まってしまうので注意して下さい。

七輪で炭火焼がベスト!

マルチョウを食べる

七輪に炭火を用意します。

炭火を用意した七輪

マルチョウを食べるために七輪に炭火を熾しました。

さっそく並べていきます。

マルチョウを並べる

焼いていると脂がじわじわ出てきて七輪の中へと滴ります。

その脂が炭に当たるとボワッっと炎が上がります。

ボワッと炎があがる脂

わわわっ、わぁー!

火がいたるところで立ち上ります。

危ないです。マルチョウの脂は火付きがいいですね。

どんな食材でも共通ですが、直火で焼くと焦げます。

だからマルチョウから出た脂が炎を上げる場合はマルチョウをコロコロ転がしながら焼くところがポイントです。

マルチョウの脂が炎となりコロコロさせるのが追い付かないので、一度配置を整えます。

マルチョウを淵に沿って円を描くように配置しました。

マルチョウ防炎円舞陣

マルチョウを円を描くように配置したので、七輪の内壁を脂がつたっていきます。

火力があがった七輪

表面が焼けて中央がプリプリとしてきたら食べごろです。

エバラ黄金のタレを準備します。

黄金のタレ

少し焦げついたところもありますが、脂がプリップリに柔らかくなっていて食べごろです。

脂がプリップリでたべごろのマルチョウ

熱々のマルチョウを口の中に入れると、柔らかくでジューシー!!

旨いっ!!!タレとよく合います。

あまりにも美味しいので、焼けたマルチョウを次々に食べていきます。

歯ごたえもいいですね。

グニグニとした弾力が噛んでいて楽しいです。この歯ごたえはマルチョウ独特の歯ごたえですね。

歯ごたえ抜群、マルチョウ

続いて、残りのマルチョウを網の上にのせ焼いていきます。

第2回戦です。

第2回戦もマルチョウを円形に配置します。

直火で焦げないように…。

マルチョウ防炎半月陣

この配置でも温められると脂が滴ります。

滴った脂は七輪の内壁を伝って炭に到達し、脂が炎になって上がります。

またしても火力があがる

コロコロ、コロコロと焼き面を変えながらじっくり焼きました。

途中配置を崩して中央で転がしたりしていたらやっぱり炎に包まれてコゲてしまったマルチョウがあります。

私は多少のコゲは気にしませんがコゲが気になる人は燃え上がった直火が直接肉を焦がさないように網の高さを上げたり、配置するマルチョウの個数を少なくしてコロコロ転がす作戦で対応したり、工夫してみて下さい。

一部コゲたマルチョウ

自分の好みの焼き加減で仕上げるのが七輪の楽しみ方です。

この程度のコゲなら気にせず食べも大丈夫です。

最後のひとつ、いただきます

まとめ

まとめ

  • 牛丸ちょうは牛の小腸
  • 炭火焼きでコロコロ焼くべし
  • タレで食べるのがおいしい
  • 脂は要注意!

牛丸ちょう、とても美味しかったです。

脂の甘み、ホルモン系の歯ごたえが特徴的でクセになりそうなお肉ですね。

いつも売っているとは限りませんので、また発見したら食べたいと思います。

もしスーパーでみつけたらマルチョウの炭火焼にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

急速冷凍されてタレとセットになったものもあるので、お取り寄せもまた良いですよね!

ホルモン焼きは美味しいだけではなくて焼くのも楽しいです。

脂も多いし、ホルモン焼きを楽しむなら七輪で決まりでしょ!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました