七輪!焼くだけ簡単、豚ハツ焼肉!

七輪を使ったレシピ

豚ハツって知っていますか?

豚の心臓です。

ホルモン焼きのお店や焼き鳥屋さんなどで見かけた人もいるかもしれません。

豚ハツを焼いて食べるとメチャクチャ美味しいです。

豚ハツの栄養素

豚ハツの栄養素は「タンパク質」が多めです。

ビタミンB12、ビタミンB2が豊富です。

しかも、糖質が少ないということなので、低カロリーなお肉です。

心臓は英語でHeart

心臓は英語でHeartですよね。

英語でハート。

ハート、ハート…、ハーツ、ハーツ…。

「ハツ」ってことらしいです。

豚ハツ、牛ハツ、鶏ハツと言ったらどれも心臓のことです。

豚ハツは片手でギリギリ持てるくらいのサイズ感、拳2つぶんってところですね。

豚ハツの焼肉

豚ハツを焼いて食べます。

一度七輪を出すとアレコレ焼いて食べたくなるんですよね。

雑木林の中で豚ハツを食べたらとても美味しかったので、豚ハツリピートしています。

さっそく焼いていきます。

豚ハツを焼く

豚ハツは独特の食感で食べ応えがあります。

少し血の味のような独特の旨みがあるのですが、値段も安いし美味しいので最近ハマっているのです。

ひっくり返して豚ハツをよく焼いていく

豚ハツを食べる時はやはりこのタレですよね。

エバラ、黄金のタレ
黄金のタレで食べる豚ハツ

エバラ黄金のタレで食べる豚ハツはとても美味しいです。

なぜかリピートしたくなる

雑木林の中ではカルビクッパのあとに食べましたが、とても美味しかったです。

ハツはホルモン系のお肉の中でも比較的食べやすい部分だと感じました。

ホルモン系はゴリゴリとした食感のものやグニグニとした食感のものが多いですが、豚ハツは比較的もぐもぐ食べることができます。

タレとの相性も抜群によいので、大好きです。

しかも、ホルモン系のお肉って価格が安いですよね。

豚ハツは心臓なので当然1頭の豚から1つしかとれないわけですが、スーパーなどで買えるものは下処理の血抜きなどがしてあって、カットもしてあるので焼肉向きです。

近年のホルモン人気にあやかってスーパーでも置くようになったのかもしれません。

とてもリーズナブルな価格で、焼けばすぐに食べられる状態で売っているので、ついつい買ってしまいます。

たぶんまたリピートすると思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました